?

お知らせ

退職される高垣行男特任教授の最終講義がおこなわれました

2021/04/07その他

2021年3月16日(火)、2020年度末で退職される高垣行男特任教授の最終講義が経済研究所の主催によりオンラインでおこなわれました。経済経営学部の1年生は全員、1年次の春学期に高垣先生の「経営学総論I」(2021年度からは「経営学入門I」という名称になります)を履修しています。この授業をきっかけに経営学の面白さに目覚めたという学生も少なくないことでしょう。2000年に着任されて以来、21年にわたる駿河台大学での教員生活の締めくくりとして選ばれたテーマは、"In between IB (International Business) and IE (International Entrepreneurship)"でした。創業してすぐに国際間でビジネスを行う「ボーングローバル企業」の最近の状況、また、その分析方法としてIE(International Entrepreneurship=国際的起業家精神)とIB(International Business=国際ビジネス)の双方を融合する試み、およびこの分析方法の課題等についてうかがうことができました。質疑応答の時間には、高垣先生が駿河台大学の地域との関係づくりに尽力されたことなどが話題となりました。
高垣先生の今後のご活躍を心より祈念いたします。

なお、高垣先生の退職にあたってのご寄稿、主要なご経歴、著作目録が『駿河台経済論集』第30巻第2号に掲載される予定です。

20210407keizaikeiei_01.jpgGoogle Meetを利用して開催された最終講義の様子(2021.3.16撮影)
高垣行男教授(中段左)と司会を務めた渡辺裕子教授(下段中央)


経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 「動画で知る経済経営学部」ではオープンキャンパスで展示している学部紹介パネルをウェブ上でご覧いただけます。
  • 次回のオープンキャンパスは5月22日(土)です。経済経営学部の模擬授業は「台湾の食文化と国際フードシステム」の予定です(今後の感染拡大状況により、内容を変更する場合がありますので、最新情報は本学ホームページをご確認ください)。
?

TOP