沙巴体育在线_沙巴体育app-手机登录

言語紹介

日本語

  • 言語紹介
  • 授業紹介

多言語多文化社会日本[たげんごたぶんかしゃかいにほん]

現在[げんざい]日本[にほん]には200万人[まんにん][]える外国籍[がいこくせき][かた][]んでいらっしゃいます。たとえば街角[まちかど]で、仕事場[しごとば]で、保育園[ほいくえん]学校[がっこう]などで、外国[がいこく]にルーツをもつ[かた][]うことがあるでしょう。その方々[かたがた]日本人[にほんじん][おな]じように生活[せいかつ]し、日本人[にほんじん][おな]じように日本[にほん]社会[しゃかい][ささ]えています。

外国[がいこく]にルーツを[][ひと]多様[たよう]言語[げんご]文化[ぶんか][]れることは、[じつ]一様[いちよう]とは[]えない、いろいろな日本人[にほんじん]社会[しゃかい][][]れる寛容[かんよう]さにつながっていくのではないでしょうか。駿河台大学[するがだいだいがく]日本語[にほんご]教室[きょうしつ]は、いつもさまざまな言語[げんご]価値観[かちかん][][]い、エネルギーにあふれています。

日本[にほん]就職[しゅうしょく]する留学生[りゅうがくせい]

留学生[りゅうがくせい]日本語[にほんご]専門[せんもん][まな]んだら帰国[きこく]するというイメージがありますが、近年[きんねん]日本[にほん]就職[しゅうしょく]する留学生[りゅうがくせい][]えてきました。ヒト、モノ、カネが自由[じゆう][][]するグローバル[]影響[えいきょう][]けて、日本企業[にほんきぎょう]積極的[せっきょくてき]留学生[りゅうがくせい]採用[さいよう]しているからです。駿河台大学[するがだいだいがく]留学生[りゅうがくせい]日本[にほん]での就職[しゅうしょく]目指[めざ]し、日々[ひび]頑張[がんば]っています。「先生[せんせい]就職[しゅうしょく][]まった!」という[こえ]はとてもうれしいですね。

自分[じぶん]表現[ひょうげん]する」ための言葉[ことば]

Nortonという[ひと]は「外国語[がいこくご][はな]す」ということは、『自分[じぶん][だれ]か』というアイデンティティと[][はな]して[かんが]えることはできない、と[]っています。

駿河台大学[するがだいだいがく]日本語科目[にほんごかもく]では、「どういう自分[じぶん]になりたいのか」を[かんが]え、その[うえ]で「自分[じぶん]表現[ひょうげん]する」ための日本語[にほんご][まな]んでほしいと[おも]っています。そして、一人[ひとり]一人[ひとり]個性[こせい][]かし、大学[だいがく]で、日本[にほん]社会[しゃかい]活躍[かつやく]してほしい、そのための「[]きた日本語[にほんご]」をぜひ、[まな]んでください。